交通事故業務について

  • 相手の保険会社の言い分や態度に納得できない
  • 慰謝料が低すぎるのではないか?
  • 治療費を突然打ち切られた
  • 過失割合に納得できない
  • 後遺障害認定を受けるにはどうしたら良いのか?
  • 身内が交通事故で死亡してしまった…

交通事故に遭われたら、ご本人やご家族は大きな負担を負うことになります。そのようなとき、弁護士があらゆる面からサポートします。

 

1.弁護士が関与すると賠償金が増額される

交通事故業務について交通事故後、被害者や被害者のご家族(死亡事故の場合)が保険会社と示談交渉をすると、低額な「任意保険基準」が適用されるので賠償金の金額は低くなります。

一方弁護士が対応すると、法的な基準である「弁護士基準」が適用されますが、この基準は任意保険基準よりも大幅に高い値になります。

そこで被害者が自分で交渉をしていた際、弁護士に示談交渉を依頼するだけで賠償金が2倍以上に上がるケースも多々あります。

 

2.適切な過失割合が適用される

交通事故後、加害者の保険会社と示談交渉を進めるとき「過失割合」に納得できない方が多数おられます。

加害者が嘘をついたり、加害者の保険会社が被害者に過大な過失割合をあてはめたりするケースもありますし、過失割合の修正要素がきちんと適用されていない例もあります。

弁護士が示談交渉に対応すると、交通事故の状況を明らかにした上で、修正要素も加味した適切な過失割合を適用します。このことで間違った過失割合が修正されて被害者に有利な結果になるケースも多々あります。

 

3.対応に困ったときに相談できる

交通事故後、被害者はさまざまな困難に直面するものです。たとえば加害者から突然治療費を打ち切られることもありますし、加害者からしつこく示談するように急かされるケースもあります。

あるいは保険会社に連絡を取ろうにも対応してもらえなかったり、保険会社から横柄な態度をとられたりして困る方もおられます。

このようなとき、弁護士に相談すると状況に応じた適切な対処方法を検討してアドバイスするので、困難な状況を打開できます。間違った対応をして後から不利益を受けるおそれも低下します。

 

4.示談や訴訟の代行を依頼できる

交通事故後、被害者が自分で示談交渉を進めるのは大変な重荷です。思い通りに進まないことが多数ですし、強いストレスもかかります。示談を決裂させて訴訟を起こそうかと考えることもあるでしょう。

このようなとき、弁護士であれば示談交渉を代行したり、ときには代理人となって訴訟を起こしたりして法的に正しい結論を導き出すことができます。

弁護士にすべてを任せてしまえば、ストレスも軽くなります。

当事務所では、金沢で交通事故に遭われた被害者様の救済に非常に力を入れて取り組んでいます。車社会の金沢では、交通事故に対する備えと対応が重要です。

お困りの際には、是非とも一度ご相談下さい。

 

金沢の交通事故業務について

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせ