事故の相手や保険会社の対応に納得できない

  • 保険会社の担当者の態度が横柄すぎる。まるでこちらが加害者のように扱われる
  • 保険会社の担当者に連絡がつきにくいが、どうしたら良いのか?
  • 物損事故の加害者本人に連絡を入れても無視される。逃げられるのではないか?

交通事故に遭ったら事故の相手と示談交渉をしなければなりませんが、その際相手の対応に不満を感じる被害者の方が多数おられます。

以下では、事故の相手本人や保険会社の対応に納得できない場合の対処方法をご説明します。

 

1.保険会社の担当者の態度が横柄

保険会社の担当者の態度が横柄であったり言っていることに納得できなかったりする場合には、まずは相手の言い分が法的に正しいかどうか、検討しましょう。

相手の言い分に間違った点があるならば、こちらが正しい主張をすることによって変更させられる可能性があります。

法的な考え方がわからない場合、弁護士にご相談いただけましたらご説明いたします。

もしも相手の態度が不遜で加害者のように扱われて困っているのであれば、相手の保険会社の苦情受け付けセンターなどに電話で相談してみましょう。それでも解決できない場合には、そんぽADRという機関に相談をして、そこから相手の保険会社に注意をしてもらうことなども可能です。

また弁護士に依頼すると、弁護士が窓口となって保険会社に対応するので、担当者の態度によるストレスは感じなくて済むようになります。

 

2.保険会社の担当者に連絡がつきにくい

次に保険会社の担当者に連絡がつきにくい場合の対処方法を検討します。

この場合、よほどのことがなければ、相手の保険会社に電話連絡を入れて折り返しの連絡を求めれば、回答があるものです。それでダメなら、やはり相手の保険会社の苦情受け付けやADRを利用する方法があります。
または保険会社に対して書面を送り、回答を求めるのも1つの方法です。

保険会社と意見の相違があり、これ以上示談交渉を継続するのが困難と思われているのであれば、訴訟などの手続きを利用する必要があります。

 

3.加害者本人が逃げようとしている

次に相手が任意保険に入っていないなどの事情で、相手と直接交渉をしているケースにおける問題があります。特に物損事故で多いのですが、加害者が逃げようとして被害者と連絡を取らない事例がみられます。その場合、放置しておくと相手に逃げられて賠償金を払ってもらえない可能性も高くなります。

そこで相手に内容証明郵便で損害賠償請求書を送ったり、少額訴訟、支払督促などの手続きを使ったりして、法的な方法で責任追及をしましょう。

被害者がお一人で保険会社や加害者に対応していると、納得できない思いを抱えたまま何の対応もできずに時間が過ぎていく危険があります。放っておくと損害賠償請求権が時効にかかって賠償金を受けとれなくなるリスクも高まります。

困ったときには、お一人で悩まずに金沢の弁護士までご相談ください。

 

金沢の交通事故業務について

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせ